歯周病と糖尿病  【相模原の歯科、歯医者 五味デンタルクリニック】

最近の研究では、歯周病の治療とメインテナンスが、糖尿病の血糖コントロール改善に関係することが報告されており、糖尿病と歯周病の間の関連性が注目されています。

☆糖尿病の人は、歯周病にかかりやすく重症化しやすい

糖尿病が進行し高血糖状態が続くと、体の中の防護反応が低下して感染症にかかりやすくなります。
歯周病も、細菌感染を原因とする感染症の一つです。

☆歯周病が悪化すると糖尿病も悪化する

歯周病が進行すると、歯周病菌から出される内毒素が歯肉から血管に入り込み腫瘍壊死因子という物質が分泌される。

この因子が血管中で増加するとインスリンの働きが低下するため、血糖値が上昇してしまい糖尿病の悪化へと繋がります。

糖尿病の症状がある方は、歯周病治療及び定期的なメインテナンスをお勧めしております。

天野