「フレイル」、という言葉をご存知ですか?  【相模原の歯科、歯医者 五味デンタルクリニック】

みなさん、「フレイル」、という言葉をご存知ですか?

「高齢期になり、心身の機能や活力が衰え虚弱になった状態」をさします。
この「フレイル」は、要介護予備軍として、注目されています。

このフレイルのなかでも、特に口の働きの衰えに注目した、「オーラルフレイル」という考えが、提案されました。

具体的には、
口の中のささいなトラブル(噛めない食品の増加、むせなど)を放置してしまうと、次なる段階として、食欲や食品多様性の低下に至ります。

さらに、口の機能低下(咬む力や、舌の機能の低下)が生じ、低栄養や筋力低下のリスクが高まり、最終的に食べる機能の障害を引き起こし、ドミノ倒しのように、要介護状態になるリスクが高まってしまう…ことをさします。

 

このオーラルフレイルを予防するためには、「食べられるお口」をつくる事が大切です。
虫歯や歯周病を放置してしまうと、咬合力が落ち、食べられる食品が減り、さらなる口腔機能の低下につながります。

ぜひ定期的にクリーニング、虫歯や歯周病のチェックをすることで、
みなさんが、ずっと美味しくお食事できるよう、お手伝いをさせて下さい❗

 

恒吉