怪我で歯が欠けたりグラグラしたらどうしたら良いですか?  【相模原の歯科、歯医者 五味デンタルクリニック】

患者さんの中には虫歯や歯周病だけではなく、転倒などによる歯の外傷が原因で、歯科医院を訪れる方もいらっしゃいます。

歯の外傷とは、歯が欠けてしまう「破折」

歯の位置がずれてグラグラしたり抜けてしまう「脱臼」

口唇(くちびる)などを切ってしまう「裂傷」    などがあります。

 

歯が欠けてしまった場合は、詰め物やかぶせ物などで補うことができます。
もし神経の部分まで亀裂が入ってしまっている際は神経の処置を行った後にかぶせ物の製作に移行します。

 

歯がグラグラする(脱臼)場合は、歯を正しい場所に戻して固定する必要があります。
痛みがない場合でも、早めに治療を受けましょう。

歯が抜けてしまった場合は、汚れていたら、水道水でさっと洗い(30秒以内)、
牛乳の中に入れて(牛乳アレルギーに注意)、できるだけ早く歯科医院へ連絡しましょう。

 

口唇などが切れてしまっている場合は、傷が深い場合は傷口を閉じる(縫合する)治療が必要になります。この治療は口腔外科の治療技術が必要になります。

その際には、歯の根の部分は、持たないようにしましょう。
歯を再植できるかどうかは、歯根に付着している「歯根膜細胞」が生きている事が重要です!

 

そのためには「乾燥させないこと」と「なるべく早く元に戻すこと」が大切になります。

もし歯茎からの出血が多い・止まらない・歯が折れた・抜けた場合は、一度歯医者さんに連絡をしてすぐに受診をしてください。

 

恒吉