予防歯科・むし歯・歯周病について

予防歯科

・歯磨きすると出血する
・口の中がネバつく
・口臭がする
・固いものが噛みにくい
・歯が動く
・歯がのびてきた

→このような症状がある方は歯のクリーニングをおすすめします。

予防歯科とは主にクリーニングを行って、虫歯や歯周病を予防することです。

歯周病という言葉は聞いたことはあるけれど、いまいちピンとこない言葉ではないでしょうか?

おそらく、みなさんも
「歯周病は高齢の人がなる病気」とか
「私は虫歯になったこともないし、きちんと歯を磨いているから大丈夫」

というお考えをお持ちの方がほとんどではないかと思います。

歯周病は虫歯に今までかかったことがない方でも起こる病気ですし、ある日突然なる病気ではありません。

さらに、歯周病の一番こわい点は、自覚症状がなく進行してしまうことです。
歯や歯ぐきが痛い、グラグラするといった症状が現れた際には重症になってしまっているケースがとても多いのです。

予防歯科

今までずっと虫歯がなく過ごしてきたのに、徐々に歯がグラグラして歯医者さんで歯を抜かなければならなくなった。
という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。
歯を失う最大の原因は虫歯ではなく、歯周病なのです。

痛くないのに歯医者さんに通うのは・・・と思うかもしれませんが、

虫歯や歯周病になる前に歯医者さんでクリーニングをすることが
痛みなく、通院回数も少なく、コストもかからない治療ということは明らかなのです。

虫歯、歯周病にならないために。
将来的に虫歯、歯周病を進行させないために。
クリーニングをおすすめします。

また、妊娠中のお母さんもクリーニングは必須です。
妊娠中は女性ホルモンや、つわりなどの影響で妊娠性歯周炎が進行しやすく、コンディションを保ちにくい状況になっています。

安心して出産を迎えるためにも、安定期に入りましたら早めの検診・治療をおすすめします。

マタニティ歯科

妊娠中の治療は胎児への影響など不安なことも多いかと思います。
赤ちゃんへの影響が少ない安定期(妊娠4ヶ月〜7ヶ月)であれば、通常の治療を行うことは可能です。
内服薬や麻酔も影響の少ないものであれば使用可能です。お口の中のレントゲンなども赤ちゃんへ影響は限りなく低くなるような機器を設置しています。

当院を受診したらまず妊娠している・その可能性があること、最終月経や妊娠週数、出産予定日を必ず歯科医師にお伝えください。よりよい治療計画を立案してまいります。

なんで妊娠中に治療が必要なの?

唾液のpHが変化することで、口腔内が酸性に傾く 菌が出す酸で歯が溶けやすくなる
つわりで歯ブラシが十分にできなくなる プラークがたまりやすくなる
偏食、間食が増える 菌が活動する時間が長くなる

 

周産期は女性ホルモンが通常より多く分泌されます。
歯周病菌は女性ホルモンを栄養源とし増殖するため、妊娠中や出産後は歯ぐきが腫れたり、出血しやすい環境となります。また、虫歯・歯周病菌は親子で共通しているケースがほとんどです。

生まれてくるお子さんが虫歯になりやすいかどうかは生後12ヶ月から22ヶ月の時の口腔内環境が影響すると言われています。
お母さんのお口の環境が整えられていると、お子さんの虫歯も少なくなるという傾向にあります。

赤ちゃんへの影響を心配するあまりに、痛みをガマンすることはかえって赤ちゃんへのストレスが強くなってしまいますので、ご不明な点はご相談ください。

一般歯科

虫歯の治療

虫歯はお口の中の細菌によって歯の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。
そのあと内部のやわらかい象牙質へ進行し、神経まで届くと強い痛みを感じます。

皆さんが歯医者に駆け込むのはこの状態が多いのでないのでしょうか。
虫歯は治療せずに放置しておくと、自然に治ることはなく、徐々に進行していきます。
最初は小さな穴であったものが、だんだん大きくなり、治療するにも大きな痛みを伴うようになります。

違和感を感じたら、すぐ歯医者さんで診てもらいましょう。

入れ歯の治療

歯を失ってしまった部分を放置していませんか?
実は歯がない部分を放っておくことによる影響は、「見た目が悪い」という問題だけでは済みません。

発音や咬み合わせに不具合をおこし、隣接する歯が空いたスペースに傾くことで歯並びが悪くなります。また、残っている歯に必要以上の負担がかかり、他の歯の寿命もどんどん短くなってしまいます。

歯は、上下前後そろっていてこそ正しく機能し、長持ちします。失った部分を放っておかず、入れ歯などで補うようにしましょう。
また今お使いの入れ歯が痛い、ガタつくなど、ご不満を感じている場合にも、当院までご相談ください。
不具合の原因を探し、一人ひとりのお口に合った入れ歯をご提案します。

入れ歯には保険のものと自費のものがあります。

保険の入れ歯
保険適応で製作できます。
しかし、材質はプラスチックに限定されるので、十分な強度を保つために分厚くなってしまいます。
→異物感が強くなったり、お味噌汁などの温度感覚がわかりにくいなどの症状がでやすいです。
また、部分入れ歯の場合は金属のフックが笑った際に見えてしまいます。

自費の入れ歯
保険の入れ歯に比べ費用は高額になりますが、様々な材料が使用できるため装着感・かみやすさを追求しやすく、金属を使用しない場合は見た目もキレイになります。