ホワイトニング、銀歯を白くする治療について

ホワイトニング

歯を白くしたい(ホワイトニング)

ホワイトニングは歯ブラシやクリーニングでは落としきれない着色をキレイにする方法です。
歯を削ることなく、歯の内部の色素を分解して歯を明るくすることができます。

オフィスホワイトニング

専門のクリニックで行うホワイトニングです。
ホワイトニング剤を塗布した後、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解していきます。
使用するホワイトニング剤が高濃度であることと、専門の医療機器を駆使した方法であることから、即効性が高く、施術したその日から歯の白さを実感することができます。
プロの歯科医や歯科衛生士が行うので、安全で手軽なところも魅力のひとつとなっています。
食事の影響で歯の内部に色素沈着がおこるので、効果はおよそ1年ほどとなります。
ホワイトニングが初めて、すぐに歯を白くしたい、自分でホワイトニングするのは面倒という人におすすめのホワイトニング法です。

ホームホワイトニング

低濃度のホワイトニング剤を使用し、自宅でホワイトニングを行う方法です。
マウスピースを作成し、薬剤を入れて装着するという方法が一般的です。
オフィスホワイトニングとは異なり、低濃度のホワイトニング剤を使用するので、一気に歯を白くすることはできず、白さを実感するまでに2週間以上の期間を必要とします。
そのため、即効性を求める方には向きませんが、時間がかかる分、平均持続時間が1~2年と、効果が長持ちするというメリットがあります。

銀歯が気になる

→詰め物・被せものの治療になります。

五味クリニック、審美歯科

レジン

初期の小さな虫歯や噛む力が強くかかりにくい場所の治療には保険適応の白い詰め物をすることが可能です。

白い詰め物(インレー)、被せ物(クラウン)

虫歯を除去した後、歯型をとって作成する詰め物です。
下の奥歯や上の中間の歯に銀歯が入っていると、笑った際に目立ってしまいます。
見た目が気になる方や、金属アレルギーの影響を心配される方はセラミックの治療をおすすめします。セラミックの治療は保険適応されないため、自由診療となります。